スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2015.08.14 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

プレシャス

「田中宥久子さんの顔筋マッサージ習得DVD」が付録に付いていると
コメント欄で教えていただいた「プレシャス」11月号を早速買ったのですが、
なかなか時間がなくて、今日はじめてゆっくり見ました。
そういえば、ここのところ「雑誌」というものから遠ざかっていたので、疎くなっているのですが、
今時の付録は凄いですね〜、DVDですよ!DVD!
ソノシートの付録をちょっと思い出しました。

これ、優れものですね。マッサージがとってもわかりやすいです。
エクササイズやヨガなどのDVDなんかも今は付いているのかしら。
いろんな雑誌をちゃんとチェックしなくちゃ!

ところで「プレシャス」ってじっくり読んだのははじめてかも。
ファッション的にもよかったです。好きな感じ。
とっても素敵なムートンのコートが載っていて一目惚れハート
でも長男に「ママに似合わない!」と嫌われた上に
お値段もとっても素敵だったので失恋

思ったのですが、やっぱりいろいろな雑誌に目を通すのは大事ですよね。
新鮮な空気は常に自ら補給しなければ…

雑誌といえば、娘が「私の年代の雑誌を買ってきて!」と私に頼んでくるのですが、
中学生の女の子にちょうど良いファッション雑誌って何でしょう?
本屋さんで、いわゆるティーンズ雑誌をのぞいてみても、
娘には見せたくないような記事が載っているものも多くて。(過保護?)
私が中学生の頃は、シスターとかnonnoとか見ていたっけ。懐かしいな。

エマ

本と言っても漫画です。
今日娘が「これが今おもしろいからママも読んでみてよ。」と
半身浴のお供に貸してくれました。
漫画を読むのはとても久しぶり。
こでが結構面白くて5巻まで読んだのですが続きが気になってます。
昔のイギリスの階級社会の中で、その階級を超えた恋愛のお話なのですが、
ベタな設定だと思いながら、やっぱりそういうのって面白いです。
娘と精神年齢があまり変わらないのかなぁ…

The Giving Tree

お昼時、長男と2人【The Cafe】でお茶をしました。

このカフェには絵本が何冊かおいてあります。
「オリビア」「スイミー」等、お洒落で楽しい絵本です。

5年生の長男は「オリビア」が大好き。
よくこのカフェには来るのですが「オリビア」を必ず読みます。
今日も「オリビア」を読もうとしていましたが
その隣にあった「The Giving Tree」という洋書の絵本を初めて見たので
私が読んであげることにしました。
(英語だったのでちょっと一人では無理でした)

内容は書きませんがとても心に迫る本です。
はじめは「オリビア」が読みたいものだから
あまり気乗りじゃなかった長男が途中から明らかに釘付けになってました。
そして物語の終盤から終わりにかけて、
彼の目から大粒の涙がぽろぽろと落ちました。
姉弟の中でもずば抜けて感受性の強い子なのですが、
これには私がびっくりしてしまいました。

「可哀想だと思って泣いてるの?」というと
「うう〜ん」と曖昧な返事。
そうのような違うような、自分でも表現しがたい様でした。

「この男の子はあなたであり、ママであり、人間すべてが当てはまると思う。
人間ってこうやって親や周りの人から与えられて成長していくんだと
ママは思う。そのつもりじゃなくても、知らず知らずのうちに
いろんなものを傷つけて壊して生きていくものだと思う。
この本はそれをやめろとは言ってるわけじゃないと思うの。
やめられる事じゃなく、それはそういうものだから。
でも、だからこそ自分が与える番が来たときには
与えられるようにならなくちゃね。」
と私なりの解釈を話してみました。
彼は彼でまた微妙に違う思いをきっと持っている事だと思います。
彼の、本を読んでいろんな思いを持つことができる心の柔らかい部分を
いつまでも大事にして欲しいな、と思いました。

私は私で −これは彼には話しませんでしたが−
「私は母親として、こういう無償の愛を与えてやっているだろうか?
そして自分が全く当たり前のようにもらっていた
自分の親の愛情に感謝しているだろうか?」
という思いが、それからずっと胸に刺さっています。

アマゾンでは洋書は「Giving Tree」、日本語版は「おおきな木」
という題名で紹介されています。
著者は「シェル・シルヴァスタイン」です。
「ぼくを探しに」という絵本で有名ですね。

「立体モデル大図鑑 人のからだ」 講談社 

静岡でお茶を飲むところを探しているときに
本屋さんでこの本を見つけました。おもしろい〜!!
絶対長男が喜ぶと思い(というより私がもう絶対に欲しくなった)早速購入。

どんな本かというと
本の真ん中はくり抜いてあって、
そこに理科室によくある人体標本がついてるんです。
しかも一ページめくる毎に、標本が一皮むけるの!
最初は皮膚の仕組み、次は骨の仕組み、次は消化器系・・・
でそのページに標本の中のその部分のみが上手にくっついてて、
ページをめくるとその部分は一緒にめくれて、
次の説明とその部分があらわれる、という本なんです。

案の定、子供は夢中で見ていました。
私もこういうのだーい好きです。

アフィリエイトはしないつもりなのでここには貼れませんが
アマゾンや楽天でも取り扱っていましたので、
興味のある方は見てみて下さいね。

| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

PR

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM