スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2015.08.14 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

絵付け

ゴールデンウィークに行った「だち窯やまつり」で
子供たちがさせていただいた宗山窯の無料絵付け

その作品が届きました。

左:次男作               右:長男作



形を選ぶところから趣味が違っていて、絵付けもまたそれぞれで、
なかなか2つとも味があって、私は好き。
宗山窯さんの器の形とお薬の色が良かったのが大きいですね。
2人とも大喜びで、早速「自分のお茶碗」と大事に使っています。

宗山窯さん、ありがとうございました。


カレンダー

ここ3年ほど使っているのは家族5人分のスケジュールが書き込めるもの。
生協に入っている友達から教えてもらって一緒に買ってもらったのが始まりでした。
使い始めたら便利でもうこのスタイル以外のものは考えられません。
その次の年はベルメゾンの通販で同じようなものを発見したので買いました。
そして今年のもの(つまり昨年末に探したもの)は、
探すのに出遅れてしまって、ベルメゾンではミッキーマウスが付いたものしかなく、
それはどうしても抵抗があったので、いろいろ探しましたが見つからず…
本当に年末ぎりぎりに、夫が東京駅近くの本屋さんで見つけてくれて
何とか間に合わせました。
そして今年は出遅れないようにと東急ハンズへ物色に行ったのですが、
シンプルなのは4人家族用しかない!
唯一5人分書けそうなのはキティちゃんのカレンダー。それはさすがに…

そこでネットで探すと、やはりベルメゾンでありました。これです。
ミッキーのもありますが、もう少しシンプルなお花のワンポイントのみが。
多分昨年のものと同じだと思うのですが。
昨年もあったのに探すのが遅かったので見つからなかったのかな。
とにかく思っていたようなものが見つかってほっとしました。

ル・クルーゼのお鍋

ル・クルーゼのお鍋は欲しいなとは思っていたのですが、
置き場はないし、とりあえず今お鍋に不自由していないし、と
ずっと先送りになっていました。

でも先月のお料理教室でとっても美味しいスペアリブを作った時に
茹でて焼き付けるまでル・クルーゼが大活躍。
今月も栗と豚ばら肉の煮物がとっても美味しくできたので、
やっぱりいいなぁ、欲しいなぁ、と思って
先日もデパートやネットで物色していたところでした。

そんな時、ショッピングセンターに出かけていた夫から
「ル・クルーゼ安く出てるよ」と電話が。
聞いてみると、ロンドの18・20cmが¥10000、オーバルの23cmが13800円と
今まで見てきたどこよりも安い!
こういうタイミングって、縁を感じるというか、
神様が買っていいよって言ってるのかな?と思ってしまいます。

そこでロンドとオーバルですごく悩んだのですが、
結局ロンドの20cm(オレンジ)を買ってきてもらいました。
嬉しい♪
頑張って使いこなして、美味しいお料理作らなくちゃ〜!
その前に収納場所を作らなくちゃいけない…


(後ろに見えるのはお弁当の強い見方、
 オイルポットの蓋がフライ鍋になっているあげ天ポットです)

「かまわぬ」の手ぬぐい

引越ししてしまう友達へ何かプレゼントがしたいと思い
いろいろ考えた結果、友達のうちは剣道一家なので
日本手ぬぐいをプレゼントしようと思い立ちました。

そういえば、先先週あたりの名古屋三越の広告に
かまわぬ」が名古屋限定柄を発売する
というのが載っていた事をふと思いだし、
名古屋から引越してしまう友達には丁度良い!と勇んで買いに出かけました。

そうしたら「かまわぬ」の出店は一週間だけの催しだったとのことで
終わってしまっていました。
あの限定柄はもう手に入らないのかな。
「しゃちほこ柄」なんて、思いきり名古屋っぽかったのにな。
思いつくタイミングが遅すぎでした(涙

多治見 陶器まつり

多治見の陶器まつりへ行ってきました。
毎年、春と秋に行く駄知のあたりの窯めぐりのお祭りとは違い、
この陶器まつりにははじめて行ってみました。

多治見インターで降りてまずはお昼ご飯をと思い、
美味しいケーキ屋さんの「シェ・シバタ」へ。
ここのカフェのクロワッサンサンドやキッシュが好きだったのですが
席についてメニューを見たらそういうものはすっかり無くなってしまっていました。
でもせっかく来たのだからデザートだけでも、とケーキだけいただきました。
私が選んだのは「サテ」というチョコレートとマロンのケーキだったのですが
これがとても美味しかったです。
やっぱりシェシバタのケーキは美味しいな、と思いました。
あと接客がもっと親切なら、遠くてももっともっと来るんだけどな〜。
(別に不親切ってわけじゃないけど、
 パティシエが作るケーキを出すお店は接客も洗練されていて欲しい)

さて、陶器まつりですが
車を多治見の駅の近くの駐車場に入れて、オリベストリートまで歩きました。
このオリベストリートにテントの出店がいっぱい出ていて、
いろいろな陶器が売られています。大道芸や子供向きの屋台もあるので
家族連れでとても賑わっていました。
このお祭りは、窯のものとは違ってもうちょっと普段使いが多い感じでした。
ここでコペンハーゲンもどき(?)のそば猪口と小皿を買いました。
小皿をソーサーにしたらお茶に使うのにちょっと可愛いと思って。
小皿が150円、そば猪口が200円でした。


それからオリベストリートの「三角屋」というアンティークやさんで、
お店の前に木箱が並んでいて
その中に白磁のちょっと可愛らしい形のカップなどが売られていました。
なんだか本当に古い木箱の中にそのまま何十個と重ねた状態であって
その中で状態の良さそうな物を選んで埃をはらって、
自分で確認して買うようになっていました。
欠けているものや鉄粉が飛んでいる物などいろいろ。
どれでも一個200円。
結構時間をかけて、カップ2個とデミタス2個とそのソーサーになる小皿2枚を
選びましたが、それでもちょっとざらざらだったりしています。

義妹が陶器に絵を描ける人なので、彼女にあげようと思って買ったのですが、
逆に彼女から転写シールをもらったので自分で貼り付けることにしました。
それを、縁に金をのせて焼いてくれるそうです。楽しみ♪
またできあがったらアップしますね。



**********************************
↓後日、転写シールを貼ったところ。



美濃焼

美濃焼のお祭りへ行ってきました。
出かけるのを躊躇するほどの雨模様だったのですが、
毎年楽しみにしているし、どんぶりがどうしても欲しかったので出かけました。
土日と開催されるのですが、一日しか都合がつかなかったので
三つのお祭りを一日でまわる強行軍でした。

まずは初めての多治見市市之倉町「陶の里フェスティバル」へ。
市之倉は人間国宝加藤卓男氏の「幸兵衛窯」がある所で有名ですが、盃の生産が日本一で「市之倉さかずき美術館」も素晴らしいです。
そして次に土岐市下石町「下石どえらあええ陶器祭り」へ。
ここへ着く頃雨が激しさを増し、なおかつ下石はテント会場まで駐車場からシャトルバスで行かなければならなかったため、断念。車で立ち寄れる窯を二、三ヶ所のぞいただけで次へ向かいました。
次は毎年春も秋も訪れる土岐市駄知町「駄知どんぶりまつり」へ。
ここでテント会場を冷やかし(雨のせいか去年より少なかったように感じました)
それから車でいくつか窯をまわりました。
本当にすごい雨だったので、せっかくのお祭りがお気の毒でした。
どこも自然に囲まれた場所なので、雨に濡れるだけでなく靴も泥んこに!
なかなか大変な一日でした。
でも駄知の窯元でいくつか気に入ったものを買うことが出来てとても嬉しいです。

藤山窯(駄知)のどんぶり(左上。右と下は去年買った楕円皿と銘々皿。お揃いです)

ここは大好きな窯で必ずのぞくのですが、やっぱり買ってしまいました。

駄知テント会場のお皿(東峰窯と書いてあったように思います)

魚に一目惚れ。安くしてくれました。

蘇山窯(駄知)でオマケにくださった小皿

ここの窯は今回初めていったのですが、今年5月に仙台は松島で行った松庵でお昼をいただいたときに使われていた器があって驚きました。とても素敵な器が揃っています。

もう一ヶ所、下石と駄知の間の笠原町というところで「笠原窯ぐれまつり」も同時期に開催されていたのですが、下調べ不足で行けませんでした。ここはタイルの生産地だそうで、おもしろそうです。次の機会に是非行ってみたいと思います。

デコパージュ

明日、アメリカから従姉妹がやってくるので
ちょっとしたプレゼントに、と思いたち、
木箱にペイントしてデコパージュした。
急いでやった割にはきれいにできたかな、と自負。
でも実はシーラーとか切らしちゃって省略していてかなりでたらめ。
しかも、すごく久しぶりにしたから腕もかなりなまってる。
(もともと上手なわけでもないのだが)
木箱の形の可愛さに助けられました。


MIKASA

洋食器のMIKASAのアウトレットのバーゲンでした。

この子達と目が合ってしまったので 連れて帰りました。
目の所が穴になっていてS&Pの大型という感じです。
チーズシェイカーと書いてあったけど、どうやって使うのかな。
削ったチーズや粉チーズを入れるのかしら?
でもそんな風に使うことは多分ないだろうな。




**********************************

2004.09.21 追記

MIKASAのアウトレットストアは
残念ながら2003年12月10日で閉店してしまいました。
今日ネットで「今年3月に生産の拠点が日本からマレーシアへ全面移行した」
いう記事を見つけたので、それに伴ったものだったのねと今更ながら納得。
新製品やガレージセールなど、
いつも楽しみにしていたし、店長さんもとても親切な方だったし、
大好きなお店だっただけに残念です。

飾り羽子板

お正月に向けて、飾り羽子板をデコパージュで作ってみました。
まだ後裏にフェルトをはって、飾り紐をつけてからができあがりなのですが。
金箔をはるのが大変でした。
お友達が先生をしているので教えてもらいながらしましたが、
一人ではまだまだできなさそう。


| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

PR

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM